こんなお悩みをお持ちの一般の方にお薦めです

子どもの自己肯定感が低い

自分自身がもっと成長したい

将来のキャリアを考えたい

子育てに携わる方

PPCを学ぶと、お子様との関係性が明らかにポジティブな方向に変わります。また、お子様にとって都合が悪いことを言わなければならない場合も良好な関係を築きながら伝えることができるようになり、さらに、親子関係という距離が近すぎるがために気づかないお子様の「強み」にも気づけ、折れない心を高める子育てができるようになります。ポジティブサイコロジーの研究でも「強みを活かす子育ては子どもの人生満足感ストレスマネジメントをより高める」という研究成果もあります。実際に高校生の息子様をもつ親御様から、「息子が自分から進路のことを話すようになった」「なぜ我が子があのような言動をとったのかが理解できるようになった」「『自分のことを分かってくれない』という発言がなくなり、本音を話してくれるようになった」との報告を伺っています。PPCはお子様との人間関係を向上させ、健全な家庭をつくるうえで非常に役立ちます。

自己成長したい方

PPCを学ぶと、人の育成だけでなく自分自身の成長に対しても使えるようになります。自分の「強み」を見出し、それを活かして自分の課題を乗り越えることができるようになるため、自分自身を成長させる上でも非常に役立ちます。またPPCの講座は自らの体験を通して学ぶ経験学習の学習モデルを採用しているため、PPCの講座中、「勇気」や「情熱」「強み」「やり抜く力(グリット)」など、自分自身のプラス面を深く探求する時間が多く設けられています。そのため、若者を育成するためだけでなく、ご自身を成長させるためにも価値があります。実際にPPCを学び、継続的にPPCを受けた若手社会人男性(20代後半)は職場を変えることなく、自分の「強み」を活かして、目標数字を達成し、念願だった希望部署へと昇進しました。PPCは自分自身を成長させるためにも意味のある投資になります。

将来のキャリアを考えられる方

PPCを受けると、自分自身の「強み」や「価値」が明らかになってきます。そのため、将来のキャリアを考えたり、転職時などの人生の岐路にいる方にとって、PPCは非常に心強いサポートになります。ポジティブサイコロジーでは、人の「強み」や「価値」が科学的に分類されており、また「人生の意味」という哲学的な内容も研究が進んでおり、「人生の意味を高める」エクササイズなども考案されています。そのため、PPCを受けると、「自分」という人間をあらゆる角度から吟味することができるようになり、結果として進むべき方向性が自ずと見えてくるのです。実際にPPCを受けた20代半ばの女性は、自分の「強み」を認識し、仕事に「強み」を活かし始めたことでその仕事を天職と思えるようになったり、30代前半の男性は自分の「強み」や「人生の意味」が明確になり、起業された方もいらっしゃいます。

導入事例

講座を受講する

講座を受講する

ポジティブサイコロジー講座、PPC認定講座を受講し、お子様の育成場面や自身の自己成長に活用します。

継続的なコーチングを受ける

講座を受講する

当協会のコーチによるポジティブサイコロジーコーチング(PPC)を電話で受け、子育てにおける悩みや自身の成長課題の解決策を話し合っていきます。