「強み」を育て、「希望」をつくる。

一般社団法人ストレングス協会は、若者育成に携わる方(教育関係の方、法人・団体の方、保護者等)を対象にポジティブサイコロジーコーチング(PPC)の教育を通して、世界中の若者たちが「希望」をもって生きていく社会の実現に寄与します。また、PPCによる不登校・若者ひきこもりの訪問支援やフィリピンの貧困地域における心理教育を通して、逆境の中にいる若者たちの「強み」を育て、内的成長を促し、彼らが「希望」をもって人生を前に進めていけるよう後押します。

協会概要

法人名 一般社団法人ストレングス協会(英語表記:Strength Association)
創業日 2018年10月17日
代表理事 松隈 信一郎
理事 小路永 啓多
所在地 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-31-2 七井ビル210
定款 定款PDF

代表理事挨拶

一般社団法人ストレングス協会 代表理事 松隈 信一郎

皆様、初めまして。一般社団法人ストレングス協会代表理事の松隈信一郎と申します。私はこれまで人間のプラス面を科学するポジティブサイコロジーという学問を研究し、その理論を応用したポジティブサイコロジーコーチング(PPC)の教育を教員や保護者、また企業の若手社員やマネージャーを対象に行う一方、PPCを用いた不登校やひきこもりの訪問支援を行ってきました。その経験を通して、従来の人の「弱み」や「欠点」を直す減点法の育成方針よりも、本人がもつ「強み」や「長所」を活かすPPCの方が、明らかに若者の成長スピードが速く、自信をもって人生を前に進めていくことができると実感してきました。一方、いくら若者にPPCを行い、「強み」の活かし方を教えても、彼らを取り巻く我々、大人の意識が変わらない限り、意味を成さないことも痛感してきました。当協会は、生徒指導や企業の人材育成、または子育て等、人を育てる立場にある方々にPPCの知識やスキルを伝授し、世界中の若者たちが内的成長を遂げ、「希望」をもって自分の人生を生きていける社会にしたいという想いのもと発足いたしました。一人でも多くの若者の「強み」を育て、内的成長を促し、ともに希望ある社会をつくっていきましょう。

 

代表理事 松隈 信一郎,  PhD